tuv-jp-blog-banner

[国際規制情報] 新たに8物質を認可対象物質候補リスト(SVHCリスト)に掲載

Posted by TUV Rheinland Japan on 2021/08/25 12:13:37
TUV Rheinland Japan

8つの物質がREACH候補リストに正式に追加

2021年3月、欧州化学品庁(ECHA)は、認可対象候補物質リストに含めるべき多数の物質を提案し、その後2021年7月8日、新たに8つの物質がREACH候補リストに正式に追加されました。

これらの物質は、REACH規則の第33条で示されている通り、製品中の含有量が0.1%を超える場合、通知義務(または顧客・消費者への情報提供義務)の対象になります。

また、REACH 規則第 7 条(2)で示されている通り、年間 1 トン以上および成形品中の質量0.1 %の含有量を超えた場合、成形品の製造者および輸入者は、候補リストの SVHC 物質についてECHA に通知(または報告)しなければならない可能性があります。

さらに、REACH 規則第 7 条第 1 項に基づき、成形品の製造者および 輸入者は、成形品から意図的に放出される物質に関して、年間 1 トン以上の場合に登録義務があります。

物質の詳細について

新たに追加される物質について解説します。

  1. 1,4- ジオキサン (CAS No. 123-91-1)
  2. 4,4'-(1-メチルプロピリデン)ビスフェノール;(ビスフェノールB)(CAS No 201-025-1)
  3. 中鎖塩素化パラフィン (MCCP)
  4. グルタルアルデヒド, (CAS No. 203-856-5)
  5. ホウ酸のナトリウム塩 (CAS No. 13840-56-7)
  6. アルキル化フェノール類
  7. ブロモプロパン:2,2-ビス(ブロモメチル)プロパン1,3-ジオール(BMP)、2,2-ジメチルプロパン-1-オール、トリブロモ誘導体/3-ブロモ-2,2-ビス(ブロモメチル)-1-プロパノール(TBNPA)、2,3-ジブロモ-1-プロパノール(2,3-DBPA)
  8. 2-(4-tert-ブチルベンジル)プロピオンアルデヒドとその立体異性体 (CAS No. 75166-31-3)

特に、中鎖塩素化パラフィン(3番)については、さまざまな製品に含まれていることから、使用状況の確認が必要です。

1. 1,4- ジオキサン (CAS No. 123-91-1)
ジオキサンは比較的不活性の溶剤で、ほとんどの有機溶剤や水とよく混ざり合うという特徴があります。そのため、化学製品の製造における幅広い用途に適しています。現在、この物質が特に問題となっているのは、河川水や飲料水から微量に検出され、飲料水からの除去が困難なことです。また、接着剤、塗料、ニス、洗剤、洗浄剤など、界面活性剤を含む混合物に残留する可能性も否定できません。

注意:SVHCに関しては、1,4-ジオキサンの含有量は0.1%をはるかに下回ると考えられます。


2. 4,4'-(1-メチルプロピリデン)ビスフェノール;(ビスフェノールB)(CAS No 201-025-1)
ビスフェノールBは、ビスフェノールAの関連化合物で、用途や特性が同等です。他のビスフェノール類と同様に、内分泌かく乱作用(内分泌かく乱物質、 ホルモンのような物質)があると考えられています。ビスフェノールBは、ポリカーボネート、エポキシ樹脂、および対応する塗装システムを製造するためのモノマー/出発原料です。反応技術の観点から、これらのプラスチックが最新の技術に従って製造/硬化された場合、最終製品のポリマーには、遊離のビスフェノールB(モノマー)の痕跡がまだ存在していることがわかります。(0.1%よりはるかに少ない)。熱転写紙(売上伝票)などのように、ビスフェノールAおよびBが非重合体のフリーフォームで使用される個別の用途があります。

注意:一般的に使用されているビスフェノールBおよびAをベースにしたポリマーは遊離ビスフェノールを含んでいますが、0.1%をはるかに下回るレベルのため、これらのビスフェノールについては、SVHCに関するさらなる試験は必要ありません。

3. 中鎖塩素化パラフィン
(MCCP、鎖長C14-C17の直鎖状クロロアルカンが80%以上)
中鎖塩素化パラフィン(MCCP)は、PVCや場合によってはエラストマー(TPR)の難燃性を持つ代替可塑剤(フタル酸エステルの代替)として、近年ますます使用されています。このような難燃性の向上により、ケーブルや電気製品への使用が多くなっています。MCCPは品質や純度によってはSCCPに汚染されているため、短鎖型塩化パラフィン(SCCP、法的規制値0.15%)の規制値を超えることが何度かありました。そのため、PVCに少量のSCCPが含まれていても、MCCPは可塑剤として中程度の割合で含まれていると考えられます。

注意:入手可能な試験報告書をもとに、販売する製品にSCCPが0.15%または0.1%以下であっても存在するかどうかを確認します。このような場合には、MCCPの再試験を検討します。PVC、TPE材料、TPRフォームは、一貫してMCCPの試験を行う必要があります。MCCPとSCCPの測定は、1つの手順で行うことができ、追加の作業は不要です。

4. グルタルアルデヒド (CAS No. 203-856-5)
非常に反応性が高く、毒物学的にも問題のないアルデヒドで、この物質群に典型的な刺激的で不快な臭いがします。この物質は、消毒剤、防腐剤(承認された殺生物剤)、なめし剤として使用されます。グルタルアルデヒドは、特に「クロムフリー」の革のなめしに使用されます。0.1%を超える遊離グルタルアルデヒドは、技術的に正確ななめしでは確認できないと見込まれます。化粧品では、グルタルアルデヒドは0.1%までの濃度で防腐剤として承認されています。

注意:SVHCに関連する成形品には、0.1%を超えるグルタルアルデヒドは含まれていません。

5. ホウ酸のナトリウム塩 (CAS No. 13840-56-7)
殺菌剤、防腐剤、洗剤や洗浄剤の漂白剤、難燃剤、木材防腐剤(防カビ剤、防虫剤)として使用されるさまざまなホウ素化合物の一つです。分析の観点からは、異なる化合物/化合物群(ホウ酸塩、過ホウ酸塩、酸、塩)を区別することは困難です。

注意:プラスチック、繊維、皮革、金属製の製品では、これらの物質の含有量は0.1%以下の微量であることが予想されます。木材の場合、ホウ素を含む木材防腐剤の使用は否定できず、0.1%以上の含有が考えられます。

6. アルキル化フェノール類
フェノール、オリゴマー化によるC12-豊富な分岐または直鎖アルキル鎖を持つアルキル化生成物(主にパラ位)で、個々の異性体および/またはそれらの組み合わせを含みます(PDDP)。この物質群はあまり明確に定義されていませんが、長い間SVHCとしてリストアップされてきたノニルフェノールのような長鎖アルキルフェノールのグループに属します。側鎖は、ノニルフェノールのように炭素数9ではなく、ほとんどの場合、炭素数12の直鎖または分岐鎖を含み、側鎖の一部には炭素数10~15の部分もあります。これは、UVCB物質(組成が不明または可変の物質)です。(UVCB = Unknown or Variable composition, Complex reaction products or Biological materials) 。

注意:この物質群のアナリティクスは、現在構築中です。実験データはまだありません。UVCB物質はおそらく少量の不純物としてしか存在しないため、プラスチック(フェノール樹脂、ホルムアルデヒド樹脂)、コーティング剤、塗料/ラッカー/接着剤中に0.1%以上の含有はないと考えられます。

7. ブロモプロパン:
2,2-ビス(ブロモメチル)プロパン1,3-ジオール(BMP)
2,2-ジメチルプロパン-1-オール
トリブロモ誘導体/3-ブロモ-2,2-ビス(ブロモメチル)-1-プロパノール(TBNPA)
2,3-ジブロモ-1-プロパノール(2,3-DBPA)
これらの化合物は、難燃剤の製造および使用におけるモノマー、または中間体です。これらの前駆体は、最終材料での反応中に変換され、結合することが想定されます。

注意:SVHCについては、0.1%以下の微量な含有の可能性があります。

8. 2-(4-tert-ブチルベンジル)プロピオンアルデヒドとその立体異性体 (CAS No. 75166-31-3)
この合成アルデヒドは、化粧品への使用が認められている香料で、スズランの香りがします。化粧品、洗剤、クリーニング製品、ルームフレグランスへの使用が認められています。

注意:成形品では、0.1%を超えるこの物質のレベルは、製品に香料が添加されている場合のみ見られます。

 

テュフ ラインランドの食品接触材試験サービス

テュフ ラインランドでは、SVHC(高懸念物質)分析・リスクアセスメントサービスを提供します。
成形品の各材料に関するリスクアセスメントの実施から、誘導結合プラズマ発光分析(ICP-OES)およびガスクロマトグラフ質量分析(GCMS)を利用したSVHC分析およびレポートまで、3つのステップでサービスを提供します。

詳しくは、サービスのご案内をご覧いただくか、お問い合わせください。

公式ブログ「REACH規制 SVHC(高懸念物質)分析サービス

 

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com

Topics: reach, 国際規制情報, tuv.communication, 化学物質, 製品安全