tuv-jp-blog-banner

テュフ ラインランド グループのオンラインセミナー(DETOXエキスパートに聞くNo.2)ご紹介

Posted by TUV Rheinland Japan on 2020/08/05 17:14:41
TUV Rheinland Japan

『ライブ オンラインセミナー開催』Enabling Informed Choices from Factory to Fashion - Ask a DetoXper

参考日本語タイトル:ファクトリーからファッションまで、情報に基づいた選択が可能に~Detoxエキスパートに聞く~

英語でのオンデマンドのオンラインセミナーが開催されます。

ご興味がございましたら、ぜひご登録、ご視聴ください。



AA20_P01_DTX03

■Enabling Informed Choices from Factory to Fashion - Ask a DetoXpert■

参考日本語タイトル:ファクトリーからファッションまで、情報に基づいた選択が可能に~ ※オンラインセミナーは英語です

 
【日 時】2020年8月20日(木)日本時間午後6時~(午後5時 中国標準時)
 
【登 録】登録はこちらから

 
地球環境NGOグリーンピースと中国のIPEは、湿式処理(染色/印刷/洗濯/なめし)工場から排出される有害物質の排出を最小限に抑え、環境と労働者を保護するための責任ある生産方法を重視しており、SAC、ZDHC、AMFORI、Partnership for Sustainable Textiles (PST)などの業界団体は、製造時の責任ある資源効率のためのガイドラインを策定しています。
これらの努力が認められた場合、グリーンボタンのエコラベルは、それに応じて報酬を受け取ることができます。これは、繊維業界の利害関係者や消費者に、責任ある製造に関する国際的なガイドラインが遵守されていることを保証するのに役立つと私たちは強く信じています。

主な内容
■ デトックス、持続可能な化学物質管理、現状維持
 インフォームド・チョイス・マトリックス - 効果的な排水処理のためのフレームワーク
 GIZの能力開発プログラム: 繊維・STILE・eTex
 グリーンボタンラベルの前提条件
 
 
【講 師】
• Mr. Gundolf Klaehn(グンドルフ・クライン氏)
アジアの衣料品産業における産業慣行(FABRIC)環境部門責任者、ドイツ国際化協会 (GIZ GmbH)

Klaehn氏は、繊維産業における化学物質と環境管理に焦点を当てたGIZの能力開発プログラムの実施に尽力。パキスタン、バングラデシュ、中国、ドイツでの経験により、生産者とブランド・小売業者の両方にとっての持続可能性の優先事項に取り組む。
持続可能な繊維のための戦略的パートナーシップのメンバー間で、持続可能な繊維の使用に関する協定の確立を担当。2020年4月現在、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムを中心としたGIZ FABRICプログラムで、環境に関するテーマをリード。
 
• Mr. Paul Steimer(ポール・スタイマー氏)
グリーンボタンエキスパート、ドイツ国際化協会 (GIZ GmbH)

持続可能なテキスタイルのためのドイツパートナーシップとフリードリヒ・エーベルト財団のアジア部門での経験を経て、現在はドイツの新しい認証マーク「グリーンボタン」の事務局に勤務。グリーンボタンは、持続可能な繊維製品をマークするもので、製品と企業に関連する基準を組み合わせており、ドイツ連邦経済協力開発省が国家主導で実施されています。
 
• Rakesh Vazirani(ラケシュ・バジラニ)
テュフ ラインランド サステナビリティサービス責任者

香港を拠点に、テュフ ラインランドの製品ビジネスユニットのサステナビリティサービスをリード。
テキスタイル・フットウェアのサプライチェーン内では、「化学物質の健全な管理」と「責任ある生産」に関するブランド/小売業者/工場のコミットメントを可能にするための保証プログラムを管理しています。
 
 
テュフ ラインランドは、有害化学物質の適合性評価試験サービスを提供しています。詳しくはお問い合わせください。
 
<参考>
テュフ ラインランド ジャパンのオンラインセミナー|Webinar 一覧
https://insights.tuv.com/jp-webinar
 
有害化学物質の使用制限に対応するには(公式 テュフ ラインランド ジャパンのブログ)
https://insights.tuv.com/jpblog/chemicalsubstances
 
 

 お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com)

Topics: tuv.communication, 化学物質, 製品安全, 海外規制, webinar-chemical