tuv-jp-blog-banner

ISO/IEC 27001によるIT関連リスクの低減と情報セキュリティマネジメント

Posted by TUV Rheinland Japan on 2019/09/26 15:00:00
TUV Rheinland Japan

27001ISO/IEC 27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の導入により、適切な時間と労力で、高度な情報セキュリティを実現できます。


情報セキュリティの改善による競争力と経済性の向上

各企業のニーズに合わせて構築されるISMSは、IT関連リスクを低減し、損害や費用の発生を抑制します。またリスク低減を重視したアクションプランの導入は、セキュリティマネジメントの経済効率性を高めます。

ISO/IEC 27001に基づくISMSは、法令および契約上の要求事項の遵守と、グローバル市場における競争力向上を可能にします。また、認証機関より認証を取得することで、情報セキュリティに対する信頼性を公的機関、監査機関、クライアント、ビジネスパートナーなど第三者に示すことができます。


ISMSの導入

ISMSは、情報セキュリティを長期的に管理・改善することを目的とした、社内向けの方法、要求事項、およびルールで構成された独立したマネジメントシステムです。全体的なアプローチで組織やプロセスを詳しく分析し、情報セキュリティマネジメントの確認、評価、処理を行います。

ISMSの導入においては、ITシステムだけでなく、企業構造、組織、人員、物理的セキュリティ、アクセス管理、インシデントマネジメント、事業継続計画などを考慮することも重要です。

ISMSは、シナジー効果をもたらし、重複するシステムの削減や従業員の心理的負担の軽減につながります。また必ずしも独立したシステムとして開発・運用されるものではなく、既存のマネジメントシステム(QMSまたはBCMS)と統合させる、または少なくとも従属させることができます。


ISMS_chart情報セキュリティに対する従業員の意識向上

従業員の情報セキュリティに対する意識向上に取り組むには、説明会の開催やeラーニングプログラムの実施、およびそれらに伴う従業員とのコミュニケーションも大切です。これらの取り組みによりヒューマンエラーの発生を防ぎ、新規導入したISMSの効果を最大化します。


信頼できる専門家が情報セキュリティマネジメントを評価

情報セキュリティマネジメント、リスクマネジメント、ITプロセスの各分野に精通した当社の専門家にぜひお任せください。

ISMSの評価・認証について、詳しくはお問い合わせください。


 

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com

Topics: マネジメントシステム, tuv.communication