tuv-jp-blog-banner

DETOXエキスパートに聞く!オンデマンドセミナーシリーズのご案内

Posted by TUV Rheinland Japan on 2021/09/24 9:19:47
TUV Rheinland Japan

化学物質によるリスク低減と、持続可能性を高める最善の道をご紹介します。

Detoxへの取組みを強化することにより、化学物質によるさまざまなリスクを低減・軽減するだけでなく、ブランドの評判やステークホルダーからの信頼向上につながります。そして、ますます管理が厳しくなるアパレル市場への参入を、より迅速かつ収益性の高いものにすることができます。サステナビリティはアパレル業界でも注目されているトピックです。

detox-1-1

テュフ ラインランドは、持続可能性に敏感な企業のご担当者向けに化学物質を使用しないクリーンな繊維製品や衣料品、履物の市場が拡大する中、いかにそのシェアを獲得していくのか、そのヒントや方法を7回シリーズのオンデマンドセミナーで紹介しています。

世界で最も経験豊富な専門家による「Detoxエキスパートに聞く!(Ask a DetoXpert )」シリーズで、化学物質管理の詳細を深く掘り下げていただき、バリューチェーン全体においてDetoxに準拠したプロセスを構築できるようにお役立てください。

DETOXエキスパートに聞く!オンデマンドセミナーシリーズ一覧はこちら "
Ask a DetoXpert Webinar Series"
セミナーはオンデマンドで配信していますので、お好きな時にご覧いただけます。

ご紹介されているオンデマンドセミナー
以下のセミナータイトルおよび概要は、日本語参考訳です。セミナーの内容および登録ページは英語です。

【1】サステイナブルなファッション・サプライチェーンの未来~その先にあるもの【約95分】

自分が着る服が環境に悪影響を与えたくないと願う消費者が増えている今、ファッション業界のすべての関係者が、ファッションのサプライチェーン全体で持続可能性を実現する方法を再定義することが重要になっています。

本セミナーでは、サステナビリティ実現に一歩近づくための方法について、世界的な専門家をパネリストに迎え、生の声をお届けします。

  視聴はこちらから

【2】パキスタンの中小企業のための国際労働・環境基準アプリケーション(ILES)を深堀り【約60分】

WWFパキスタンは、パキスタンの中小企業のための国際労働・環境基準アプリケーション(ILES)を率先して実施しています。活動の主な目標は、繊維・皮革部門がスマート環境管理プラクティス(SEMP)を採用する能力を強化することです。

本セミナーでは、エネルギーと水のフットプリントを効果的に削減する方法について、専門家の意見を紹介します。

 視聴はこちらから

【3】PFAS No More:避ける、減らす、なくす【約75分】

グリーンピースなどのNGOは、水や油をはじくために繊維製品に使われているPFASの危険性を訴えてきました。今、世界中の規制当局や政策立案者が対策に乗り出しています。

本セミナーでは、ゲストスピーカーによるPFASに関する最新動向の解説、および、環境中のPFASと消費者製品中のPFASとの関連性を解説します。

 視聴はこちらから

【4】ファッション・アパレル・繊維部門のサステナビリティを加速させる時が来た【約90分】

ファッション業界は、経済的に重要かつ高度に洗練されたバリューチェーンを持ち、最大級の消費財市場を形成しています。そのため、パンデミックが過去のものとなったときに、復興に向けた回復力のある措置を講じる重要な責任があります。

本セミナーでは、世界的な専門家をパネリストに迎え、サステナビリティへの取り組みを次の新しいレベルに引き上げるための方法を探ります。

 視聴はこちらから

【5】あなたのデニムジーンズはどれくらい環境に優しい?~ イノベーションと資源効率に関する考察【約120分】

毎年20億本以上のデニムが製造されています。今まさにデニムを履いていたり、何本か持っている人は多いでしょう。しかし、そのファッショナブルなデニムを製造するために使用される水、化学物質、エネルギーに関して、本当に環境によいかご存知ですか?

本セミナーでは、世界的な専門家をパネリストに迎え、持続可能なデニム産業を発展させるための要件を探ります。

 視聴はこちらから

【6】ファクトリーからファッションまで、情報に基づいた選択が可能に【約110分】

湿式加工工場から排出される有害化学物質が労働者や環境に悪影響を及ぼしていることは、さまざまなNGOによって指摘されています。そのため、SAC、ZDHC、AMFORI、PST(Partnership for Sustainable Textiles)などの業界団体は、製造工程での資源効率を高めるためのガイドラインを定めています。

本セミナーでは、GIZとGreen Buttonの専門家の協力を得て、工場からファッションに至るまで、情報に基づいた選択を可能にするためのステップを紹介します。

 視聴はこちらから

【7】加速するRCA(Root Cause Analysis):排水中のMRSL(製造時使用制限物質リスト)パラメータの妥当性【約60分】

繊維業界では、化学製品のMRSL適合化によるクリーンインプット計画が進められており、多くの工場では徹底したRCA(Root Cause Analysis)が必要とされています。

本セミナーでは、テュフ ラインランドのDetoxエキスパート(DetoXperts)が、MRSLの課題を克服した企業の事例を参考にしながら、RCAのための最善の準備についてガイドラインを説明します。

 視聴はこちらから

【8】ZDHC MRSL(製造時使用制限物質リスト) 2.0による化学物質コンプライアンス対応【約65分】

MRSL(製造時使用制限物質リスト)の要求事項の導入は、繊維や皮革を加工する施設の化学物質管理に対する考え方を変えることになります。化学物質管理が、排水や固形廃棄物の処理や清掃の必要性を減らすことの見直しに繋がり、調達から再検討しなければならない可能性があります。

本セミナーでは、テュフ ラインランドのDetoxエキスパート(DetoXperts)がMRSLのリスク、課題などについてご説明します。

 視聴はこちらから


www.tuv.com/detoxもぜひご覧ください。

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com

Topics: tuv.communication, Detox, 化学物質, 有害物質規制, Webinar, webinar-Chemical-substances