tuv-jp-blog-banner

JIS Q 15001改訂のインパクト~ISO 27001情報セキュリティマネジメントシステムへ乗り換えませんか?

Posted by TUV Rheinland Japan on 2017/12/05 16:02:40
TUV Rheinland Japan

informationsecurity.jpgDen Rise / Shutterstock.com

2018年、プライバシーマーク(Pマーク) の認証基準となる、JIS Q 15001の大幅な改訂が予定されています。この改訂対策として、テュフ ラインランド ジャパンは、ISO 27001への乗り換えをご提案します。

乗り換えることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

◇ 改訂の影響はありますか?

JIS Q 15001規格の改定内容が、ISO 27001情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)規格要求事項と、ほぼ同一の内容となる予定です。そのため、改訂の対応範囲が広くなり、既存認証企業だけでなく新規取得予定の企業にとっても、改訂対応に大きな負担が予想されます。

また、Pマーク(プライバシーマーク)は、法人単位での取得が基本のため、法人単位が複数ある大規模な組織での改訂対応はさらに大きな負担となることが予想されています。

◇ 対策は万全ですか?

テュフ ラインランド ジャパンは、

“ISO 27001
情報セキュリティマネジメントシステムにより、
個人情報を取り扱う実質的な部門のみに限定した認証

の取得を提案します。

ISO 27001認証は、法人全組織を認証範囲とする必要はありません。
広がった認証範囲を絞り、実質的に個人情報を扱う部門または、プロセスの情報保護の仕組みをコンパクトにカバーし、効率的に認証を取得することが可能です。

また、テュフ ラインランドでは、JIS Q 15001に関するプライベート認証も、併せて付与することが可能です。

テュフ ラインランド ジャパンは、お客様のニーズに合わせた最適な情報セキュリティーマネジメントシステムソリューションを、ご提案致します。是非、お声かけ下さい。
情報セキュリティのプロフェッショナルが、ご相談にお応え致します。

関連情報:
[サービス] ISO 27001情報セキュリティマネジメント認証
[ニュース] GDPR支援サービスを開始

問い合わせ先:
カスタマーサービス Tel: (045) 470-1850
担当:システム部 有江、馬立 

Topics: 情報セキュリティ, Pマーク, サイバーセキュリティ