tuv-jp-blog-banner

IEC 60335解説シリーズ その4 - スイッチモード電源のトランスの評価について(IEC 60335-1 cl.24.1.2)

Posted by TUV Rheinland Japan on 2021/11/24 18:08:51
TUV Rheinland Japan

IEC 60335-1の解説シリーズは、第6版の概要、遠隔操作関連の要求事項、空気清浄機の規格解釈とご紹介してきましたが、皆様のお役に立ちましたでしょうか。

 

今回は、最終回としてIEC 60335-1: 2010 Amendmen1: 2013 から追加された24.1.2項 スイッチモード電源のトランス評価について解説します。(安全絶縁変圧器に関しては以前から要求されています。)
TUV-Rheinland-JP-IEC60335-Image-JA

(要求事項)
スイッチモード電源のトランス評価についてはIEC 61558-2-16: 2009 附属書BBの評価が必要になります。
附属書BBには適用範囲・一般要求事項・定格の要求があります。
特に構造に関しては一般要求事項の中で要求されており下表に示す項番の適用が必要になります。

規格 順番
IEC 61558-2-16:2009 Annex BB
(IEC 61558-1も含む)

1, 2, 3, 4, 5.1, 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.6, 5.7, 5.15, 7.2, 7.5, 8.2, 8.11, 14.2, 14.3, 18.1, 18.2, 18.3, 18.102, 19.1, 19.12,

26.101, 26.102, 26.103, 26.104, 26.105, 26.106, 26.107, Annex A, C, D, E, G, K, L, M, N, P, R, W

 

IEC61558の規格は、絶縁材のCTI値やエナメル巻線のグレードによって距離の緩和が可能となり、トランスの小型化にもつながりますので、規格の要求事項を十分に確認されることをおすすめします。

(補足) IECEE CBレポート適用の場合
強化絶縁タイプ(SELV対応)のスイッチモード電源のトランスに関してはIECEE CTL Decision sheet DSH 2116Aが発行されており、上記の要求もしくはIEC 60335-1: 2010+A1+A2のAnnex Gのどちらかで評価が選択可能です。(詳細はIECEEのCTL Decisin sheetより確認下さい。)

IEC61558-2-16 Annex BBを適用した絶縁距離の算出例の資料(※)を準備しました。ご希望の方は、下記フォームよりダウンロードしてください。

※資料は、IEC 60335-1第6版およびIEC61558-1/2-16をお持ちの方にご活用いただく内容となっています。

【ダウンロードフォーム】
必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。
「IEC 60335-1 スイッチモード電源のトランス評価について」(PDF) ダウンロードフォーム

 

IEC 60335 解説シリーズ
その1: IEC 60335-1 第6版の概要、および第5.2版からの改正点 
その2:遠隔操作関連の要求事項
その3:空気清浄機の規格解釈(IEC 60335-2-65)
その4:トランスの評価(IEC 60335-1 cl.24.1.2)<--- 今回はこちら

担当部門
テュフ ラインランド ジャパン株式会社 関西テクノロジーセンター(KTAC)
製品事業部 電気製品部 家電製品課
家電製品を中心に、各国法律に基づく規格適合検査を行う部門。豊富な知識や経験を有した検査官・エキスパートが多数在籍。

<参考リンク – テュフ ラインランド ジャパン 公式ブログ>
電気用品安全法解説シリーズ
その1 -電気消毒器は「特定電気用品以外の電気用品」、ご存じですか?

その2 - 照明器具の「雑音の強さ」の見直し
その3 - Sマーク認証「電気湯沸器の転倒流水対策に係る運用基準」について

IEC 62368-1:2018 - スキマ時間で理解するIEC 62368-1 第2版から第3版への変更点【オンデマンドセミナー】<無料>
Chapter 1 : 用語編

Chapter 2 : 一般要求事項と電気的要因による傷害編
Chapter 3 : 第6、8、9、10項の変更点編
Chapter 4:附属書(Annexes)の変更点


<関連サービス – テュフ ラインランド ジャパン ウェブサイト>
家電製品の試験・認証

 

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com

更新日 : 1/21/2022

Topics: 電気安全, tuv.communication