tuv-jp-blog-banner

鋼およびアルミニウム構造物の施工について定めた規格、EN 1090に基づく工場生産管理(FPC)認証の要求事項・手順について(ホワイトペーパー)

Posted by TUV Rheinland Japan on 2019/07/02 15:21:08
TUV Rheinland Japan

建築用製品として欧州市場に投入される鋼およびアルミニウム製建築構造物の構成部品は、CEマークが必要です*1。建設資材規則(CPR)が、法の形態として全てのEU加盟国に適用されたことによるものです。


iStock_000002886363 (blog)これに伴い、EN 1090-1に沿った工場生産管理(FPC: Factory Production Control)認証が必須となります。


EN 1090は、鋼およびアルミニウムを材料とする建設製品の施工を目的としたCPRのための正式な整合規格です。
また、EN 1090-1は、FPCの確立と維持等の製造者の義務を確実に果たすため、独立した公認機関による材料の認証を要求しています。
*1: CEマーキングはすべての構造用鋼およびアルミニウム部品、複合鋼 - コンクリート構造に使用されるキットおよび鋼製部品に適用されます(例:工場小屋、屋根、片持屋根、階段、住宅またはオフィスビルの構造、橋、パイロン、その他)。

また、コンプライアンスを確実にするためには、鉄骨構造のサプライチェーンのすべての関係者が新しい要件を学び、理解することが非常に重要です。

以下より、鋼およびアルミニウム構造物の施工について定めたEN 1090規格に基づき、工場生産管理(FPC)の認証のための要求事項および手順を説明した『EN 1090に基づく認証のための情報ガイド』をダウンロードいただけます。

欧州向け建設資材 EN 1090認証
『EN 1090に基づく認証のための情報ガイド』ダウンロード

テュフ ラインランドは建設資材規則(CPR)にもとづく工場生産管理のEN 1090認証を行う公認機関(ノーティファイド・ボディ)として、認められています。
関連する欧州の整合規格等に定められた適合性評価を、公認の第三者機関として実施します。

 

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL: 045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com)

Topics: tuv.communication, 欧州, CEマーキング, 工場生産管理, EN 1090