tuv-jp-blog-banner

ユーラシア経済連合への輸出 EAC認証マーク

Posted by TUV Rheinland Japan on 2017/04/27 10:17:53
TUV Rheinland Japan

ロシアでは、周辺国との関税同盟(Customs Union)発足にともない、従来のGOST-R認証制度から、関税同盟におけるEAC認証マーク制度への切り替えが順次進められ、2015315日に完全に移行されました。ロシアを含むEAEU*(ユーラシア経済連合)へ製品を輸出する際には、EAC認証マークの取得が必要になります。*EAEU:ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスの5ヵ国

Globe.jpg 

この経済連合全域で適用される安全要求事項およびEAEUの技術規則(TR)には、35件の技術規則があります。この技術規則は、市民の安全と健康、資産の保全、環境保護、および動植物の保護を実現することを目的として制定されています。これら規則の要求事項を満たす製品のみが、EAEUへの輸出を許可されます。ただし、対応する技術規則が存在しない製品グループに関しては、現行の国内規則(ロシア連邦の技術規則や、GOST-R適合証明書など)が適用されます。

 テュフ ラインランド ジャパンは、EAEUへの市場アクセスのソリューションプロバイダーとして、各国当局と密接な協力体制を構築しています。EAEUへの製品輸出をご検討されている場合、ぜひテュフ ラインランド ジャパンへお問い合わせください。

お問い合わせ:カスタマーサービス(TEL:045-470-1850 E-Mail: info@jpn.tuv.com)

Topics: 輸出入, 海外規制